« 台風が来れば思い出す | トップページ | ガンモと義弟の違い »

2004.06.22

ツボにはまる

 先日、朝起きてみると、右手の甲の親指の付け根あたりに大きな痛みを感じた。病院で診てもらってもまったく原因がわからなかったのだが、湿布薬と痛み止めを処方してもらったら翌日には痛みが引いていた。
 私の症状を知ったガンモは、お医者さんの振りをしてこう言った。
「ホームページの作り過ぎです」
これにはとにかく笑った。

 また、私たちが付き合い始めた頃、ガンモにトランクスをプレゼントしたのだが、ガンモは既に世界的コレクターかと思われるほどたくさんのトランクスを持っていた。それほどたくさんのトランクスの中から、私がプレゼントしたトランクスを見事に探り当てるので、
「どうしてわかるの?」
と尋ねたら、
「新入りだから」
という答えが返って来た。これもまた私のツボにはまって大笑いした。

 先日、ここにも書いたキング・クリムゾンのライブに一緒に行ったときも、ガンモはヴォーカルのエイドリアン・ブリューを、映画に出ている誰かに似ていると言った。
ガンモ「ええと、誰だっけ?」
まるみ「もしかして、バック・トゥ・ザ・フューチャーのドク?」
ガンモ「そうそう、それ、それ!」
そのあと二人が大笑いしたのは言うまでもない。

 他にも、笑いのエピソードはたくさんある。もしかしたら他の人にとってはちっとも面白くない内容かもしれないが、ガンモのユーモアは、私にとっては妙にツボにはまるのだった。

|

« 台風が来れば思い出す | トップページ | ガンモと義弟の違い »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。