« 苦手アーチスト克服<その後> | トップページ | 確率四分の一の並び方 »

2004.05.25

左脳繋がり

 ガンモと私は同じコンピュータ業界にいるが、ガンモはハード屋さん、私はソフト屋さんである。当然のことながら、ガンモはハードに強く、私はソフトに強い。ハードの仕組みを理解しているガンモは自作パソコンを組み立てるのが得意だが、私はからっきしダメである。その反面、ガンモは私が教えるまでクリップボードのショートカットキー(Crl+C,Ctr+Vなど)を知らなかったし、Excelの使い方にも疎かった。また、ガンモは汎用機出身なので、unix OSが苦手で、私の大好きなviエディタも使えない。とにかく、ソフトは最低限のことが実現できればいいと思っているみたいだ。一方、私はと言うと、そのソフトの便利な機能を次々に探し出すのが得意だったりする。

 こんな私たちだから、私は仕事でハードのことに行き詰まるとガンモに電話を掛け、ガンモはソフトのことで行き詰まると私に電話を掛けて来る。いつだったか、私が職場にあるパソコンの必要なファイルをうっかり消してしまったとき、OSやネットワークにも強いガンモの落ち着いた対応で難を逃れたことがあった。

 自宅でも、私たちはときどきコンピュータ業界の思い出話で盛り上がる。先日はお風呂の中で、add drive, del driveの話で盛り上がっていた。
「世の中広といえども、お風呂の中でadd drive, del driveの話ができる夫婦は少ないよね」
と言って笑い合った。

 そう。私たち夫婦は、お互いの知識を共有し、蓄積できる関係にあると思う。こういう繋がり方は、左脳繋がりと言っていいのだろう。左脳繋がりのおもしろおかしい夫婦。それが私たちなのだ。

|

« 苦手アーチスト克服<その後> | トップページ | 確率四分の一の並び方 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。