« サンタとトナカイ | トップページ | ガンモと携帯電話に救われた »

2004.03.04

きな粉の予感

 私は子供の頃、父方の祖母から、きな粉に砂糖をまぶしたおにぎりを作ってもらって食べていた。その味がなかなか忘れられず、ご飯を食べるときも、きな粉に砂糖をまぶしたものを好んでかけていた。

 私は、自分と結婚する人もまた、同じようにきな粉に砂糖をかけて食べる人だという予感があった。実際に、ガンモはそうだったのだ。

 誰しも、自分が潜在的に知っていることを引き出すことができるような気がする。そのためには、普段から自分の直感を大切にして行くことが大切なのだろう。

※私たちの共通点については、こちらをご参照ください。

|

« サンタとトナカイ | トップページ | ガンモと携帯電話に救われた »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。