2022.07.02

コロナ禍の帰省

ホットヨガ(三九五回目)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 七月になりました。毎日、異常な暑さですね。先日、ルーフバルコニーでテレワークをしていたところ、机に置いた温度計が39.5度をさしているのを見て、慌てて家の中に逃げ込み、エアコンをかけて仕事を続けました。サンシェードを使ってテレワーク場所を日陰にしているのですが、ルーフバルコニーの床がコンクリートなので、照り返しが強く、思いのほか気温が上昇してしまうようです。性懲りもなく、今、また同じ場所でノートパソコンを広げていますが、今の気温は34.8度です。私の熱中症・脱水症対策は、帽子をかぶり、とにかくこまめに水分補給をすることと(ポカリスエットなどのスポーツドリンクの粉末を常備しておいて、水に溶かして飲んでいます)、冷感タオルを水に濡らして首を冷やすことです。皆さんも、くれぐれも熱中症・脱水症には気を付けてくださいね。加えて、台風も来ているようですので、くれぐれもお気をつけください。


 先日、数か月振りにコロナ禍の帰省を果たした。ガンモは香川出身、私は愛媛出身である。最初に香川県にあるガンモの義父母のお墓参りをしたあと、香川県内のホテルに一泊し、そのあと私の実家に一泊した。もちろん、私の母のお墓参りも欠かさなかった。

 コロナ禍の帰省は、やはり気を遣う。地元の人たちは、人口の多い地域からやって来る人たちを未だに敬遠しているのではないかと思ってしまうので、地元の友人には帰省することだけを伝えておいて、接触は控えるようにしている。とは言え、ガンモと一緒に帰省するときは、もともとコロナ禍でなくても友人と会うことは稀なのだが・・・・・・。

 今回は、コロナ禍が始まってから初めて実家に泊まった。今はまた感染者が増えつつあるのだが、私たちが帰省した頃はまだ感染者の増加がそれほど顕著ではなかったことと、父もガンモも私も弟も三回目の新型コロナワクチン接種を終えていたので、思い切って泊まることにしたのである。

 コロナ禍が始まって、帰省するのを控えたり、泊まるのを控えたりしているうちに、父はどんどん歳を取って行った。久し振りに父に会って、そこで顕著な老いを認めるのは非常に辛いものだ。コロナ禍の親孝行とは何なのだろう? 親が感染することを危惧して、実家には近寄らないようにし続けることなのだろうか。それとも、今回、私たちがしたように、コロナ禍であっても親と大切な時間を過ごせるように、思い切って帰省することなのだろうか。

 明確な答えは出せないが、コロナ禍が始まった当初と今では、少しずつ行動に対する捉え方も変わって来たように思う。例えば企業に関して言えば、テレワークを導入していた企業が少しずつ出社を推奨するようになって来た。実際、私が働いているビルでも、以前は出勤前にエレベータ待ちをする人は少なかったが、最近ではぐっと増えて来て、エレベータ前に行列ができるようになった。これは企業が、テレワークよりも出社を推奨しているということの証である。もちろん、電車の込み具合も以前とは違い、混雑が顕著になって来た。何となくだが、人々はコロナと一緒に生きて行くことを受け入れ始めたのではないかとも思える。言い換えると、初期の頃は、よくわからないものをただただ恐れていたが、最近は、ここまでの状況であれば感染は防げるだろうという感覚を掴めて来たのではないかとも思えるのだ。

 それらの状況をふまえた上で、コロナ禍において、高齢の親との接触をどうするかについて、これからも模索し続け絵行きたい。

※このブログへのコメントは、ガンまる日記掲示板で承ります。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 夏に向けて、また感染者が増えつつあるようですが、また感染が落ち着いたら帰省したいと思っています。

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

2022.06.21

ホットヨガ(三九五回目)

自分が何者であるかを正しく示すことの記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 梅雨に入りましたね。今年は梅雨でもあまり雨が降らないのかと思っていたのですが、今日はけっこう降っていたようです。今後、豪雨の被害などが出ないことを祈っています。地震に豪雨、台風、あちらこちらで確認されている熊の出没状況・・・・・・。もっと自然を大切にして欲しいというメッセージなのでしょうかね。それでは、ずいぶん間が開いてしまいましたが、ホットヨガ(三九四回目)の続きをお届けしたいと思います。


 続いて受けたのは、六十分のスタンダードコースのレッスンだった。レッスンを担当してくださったのは京都のK店のインストラクターで、レッスンの参加者は六名だった。確かそのインストラクターは、以前は会員さんだったのだと、大阪のU店のトップインストラクターからご紹介いただいたインストラクターだったと思う。

 しっかりしたレッスンを展開してくださったのだが、私は顔からタラタラと汗が吹き出して来ていたので、汗を拭うのに、とにかく必死だった。

 しかし、そんなことよりも、S店の店長さんの写真が取り外されていた。まさか、退職されてしまったのだろうか。そんな話は聞いていなかったが、そう言えば、いつも届くS店からのメルマガが届かなくなっていた。やはり退職されたのだと思う。

 レッスンを終えてシャワーを浴びたあと、受付で確認してみると、事情があり、やはりS店の店長さんは三月いっぱいで退職されたそうだ。何だかとても残念だった。ヨガを続けたくてもいろいろな事情で続けられなくなるインストラクターをたくさん見て来た。とにかく残念である。

 S店をあとにして、仕事を終えたガンモと落ち合い、一緒に晩ごはんを食べて帰宅したのだった。

※このブログへのコメントは、ガンまる日記掲示板で承ります。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m さすがに二年もコロナ禍を過ごしていると、今の生活とはまったく異なる生活を送っていたことに驚きさえ覚えます。新型コロナウィルスの感染が広がらなくても、私はホットヨガのレッスンを続けていたのかと問われると、疑問に思うところは多々あります。私の場合、顔のほてりを抱えていたので、やはりホットヨガは合っていなかったというのが退会したあとに得た結論だからです。

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

2022.06.19

自分が何者であるかを正しく示すこと

迷いのない行動が吉と出るの記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m またしばらく更新期間が空いてしまいました。皆さま、いかがお過ごしてでしょうか。私のほうは、先日結婚二十六周年を迎えました。ガンモとは本当にいいコンビです。ソウルメイトであることを日々実感しています。お互いに、自分の親と過ごした時間よりも長い時間を一緒に過ごしています。さて、石川県の能登地方で大きな地震があったようですが、お怪我などはありませんでしたでしょうか。最近は震度五以上の地震が珍しくない状態になって来ました。先日も徳島で震度四の地震がありましたが、四国出身の私からすると、子供の頃にはあり得なかった状況です。気象を含めた様々な自然現象が少しずつ変化して来ているのを感じます。住宅なども、以前と比べると強度は増しているのかもしれませんが、可能な限り、万が一のための対策は取っておきたいものですね。


 私は英語のアウトプットのために、外国人と交流できる複数のアプリを利用している。おそらく、何か別の目的があるのだろうと思うのだが、私はこういう人物であるとプロフィールに記載しているにもかかわらず、それを読まずに突進して来る人たちも多い。例えば、私が好んで学習しているのはイギリス英語だが、アメリカ在住の人たちからの言語交換の申し込みも多い。また、中には日本のことが大好きで、とにかく誰でもいいから(?)日本人と繋がりたいという人たちもいる。

 時には、親子以上に歳の離れた人たちからのメッセージが届くことがある。日本が大好きだという外国人の多くはアニメ好きで、日本のテレビドラマを真剣に見ていたりもする。申し訳ないが、私はアニメも見なければ、日本のテレビドラマもまったく見ない。自分のプロフィールに好きなものは書いておくが、自分と縁遠いものをわざわざ書く人は少ない。それに加え、私は自分の年齢を伏せていたため、おそらくだが日本人を探していた若者が、私のプロフィールを見て連絡して来たのだと思う。そのことに気付いて、自分の年齢を正直に公開してみたところ、ようやく年齢の近い人たちからメッセージが届くようになった。自分が何者であるかを正しく示すことは重要だったのだと痛感している。

※このブログへのコメントは、ガンまる日記掲示板で承ります。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 自分の年齢を公開するのは勇気のいることですよね。でも、ある説によると、外国人は日本人ほど年齢のことを気にしないのだとか。年齢のことなどほとんど気にしない国の人たちもいるようです。

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

2022.05.30

迷いのない行動が吉と出る

固定のCambly講師探しはまだまだ続くの記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 書くことが大好きだったはずの私ですが、最近、書くことがとても難しくなって来ました。早くこの状況から脱したいです。書けるときにできるだけ書いて行くようにしたいと思います。


 先日、父の兄(すなわち私の伯父)が老人介護施設に入所した。もう九十五、六歳にもなろうとしている伯父は、これまでいくつかの深刻な病気を経験したものの、足腰が非常に強く、すこぶる元気に過ごしていた。しかし、少し前に大腿骨骨折という大怪我をしてしまい、もはや歩くことが困難になってしまった。山を登るときには、八十二歳の父の前をずんずん歩き、疲れをものともしない体力の持ち主だっただけに、伯父にとって、歩くことが困難になってしまったショックはかなりのものだったろうと推測する。いろいろ考えた末に、伯父の家族は、伯父の世話を老人介護施設にお願いすることにしたようだった。

 大怪我をしたため、伯父は三ヶ月ほど病院に入院していた。コロナ禍においては、ひとたび病院に入院してしまったら、例え家族であってもなかなか面会が叶わない。老人介護施設に入所したとしても、きっと同じことが続いて行くだろう。入院していた病院から老人介護施設へは、いったん帰宅することなく、病院から直接移動することになるという。そのことを聞きつけた父は、伯父が老人介護施設に入所するために入院していた病院を出て行くタイミングで、遠目にでも伯父に会えないかと思い、私の従兄たちの力を借りながら、何とかして伯父と再会できないかと考えていたようだ。

 伯父が老人介護施設に入所した日の夜に父に電話を掛けてみると、父は、伯父と会って話ができたこと、従兄のお嫁さんが伯父とのツーショット写真を何枚も撮ってくれたことをなどをうれしそうに聞かせてくれた。私は、何だかとても温かい気持ちに包まれた。コロナ禍でずっと伯父に会えない状況が続き、これからも同じ状況がしばらく続いて行くかもしれないという状況の中で、何とか伯父に会える手立てはないかと模索しつつ、ついには伯父との再会を果すことができた父・・・・・・。その裏には、別の従兄の力添えもあったという。

 コロナ禍に取る行動は、必ずしも吉と出るとは限らない。幸い、今回の出来事は吉に転んでくれた。行動が制限されるコロナ禍においては、他の人が取る行動が、自分が取るべき行動のお手本になる場合もあると感じた。そして、私は父の娘で良かったと強く感じたのだった。

※このブログへのコメントは、ガンまる日記掲示板で承ります。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 迷いがあるときは純粋な行動ではないのかもしれません。迷いがないときは純粋な行動なので、いろいろなことがうまく運んでくれるのかもしれないですね。

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

2022.05.19

固定のCambly講師探しはまだまだ続く

ファイザーのブースターショットで左鎖骨のリンパ節が腫れたの記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 新型コロナワクチンの接種後にリンパ節が腫れる方は多いみたいですね。私の職場にもいらっしゃいました。それはさておき・・・・・・。小倉美咲ちゃんのことを、とても残念に思っています。私の場合、こういう大きな事件があると、強い衝撃からか、しばらく言葉が出て来なくなってしまいます。これもHSPならではの「同調」の一つなのかもしれません。小倉美咲ちゃんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。


 テントの中からCamblyのレッスンを受けると、たいていのイギリス人講師は大喜びしてくれる。
「楽しいわね。これまでたくさんの生徒たちと話して来たけど、テントに住んでいる人はあなたが初めてよ!」
「毎日そこで寝てるの?」
「テントに電気やインターネット接続環境があるの? 素晴らしいわね」
「キャンプが好きって言ったけど、今住んでるそのテントを持ってキャンプに行くの? まるでかたつむりみたいに」
(この質問には、別のテントを持って出掛けるのだと答えた)

 これらは、日本ではほとんど聞くことのできない感想だと思う。というのも、そもそも私の周りにはキャンプ好きの人がほとんどいない。しかし、Camblyのイギリス人講師のほとんどはキャンプ好きである。日本でテントに住んでいることを明かすと、決して大喜びはしてくれない。興味さえ持ってもらえない。挙句の果てには、テントに住むなんて、自分には絶対に無理だとまで言われてしまう。そのため、テント生活に関する会話はすぐに完結してしまう。しかし不思議なことに、Camblyのイギリス人講師とは、キャンプ好きの人たちが多いからか、決してそのような展開にはならない。

 ところで、最近はイギリスのいろいろな地域出身の講師たちと会話をしている。その中でも、慣れていないからか、やはり北部出身のアクセントは聞き取りにくいと感じてしまった。マンチェスター、ニューカッスルは、ジミー・カーがネタにしているだけあって、特徴的なアクセントだと思う。私が聞き慣れているのは、やはりRPに近い、イギリスの南部地方で話されているアクセントだ。いろいろなアクセントを聞く練習を重ねておいたほうがいいとわかってはいるのだが、ついつい南部のアクセントを話す講師を好んで選んでしまうのだった。そして残念ながら、私はまだ、継続的にレッスンを受けられる「固定の講師」を見付けてはいないのである。

※このブログへのコメントは、ガンまる日記掲示板で承ります。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 私の「固定の講師」探しはまだ続いています。これからもまだ続きそうな気配です。(苦笑)

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

2022.05.05

ファイザーのブースターショットで左鎖骨のリンパ節が腫れた

「ルーフバルコニーに集合だから」の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m ロシアのウクライナ侵攻のこと、知床遊覧船の事故のこと、道志村のキャンプ場近くで見つかった人骨や衣類のことなど・・・・・・。心を痛める出来事が次から次へと起こり過ぎています。特に、知床遊覧船の事故は、胸が深くえぐられるほどの悲しい出来事ですね。亡くなられた方たちのご冥福をお祈りするとともに、不明者の方たちが一日も早く発見されるよう、願ってやみません。

 新型コロナワクチンのブースターショット(三回目/ファイザー)をゴールデンウィーク前に接種した。これまで私たちはモデルナを接種していたので、混合接種のほうがワクチンの効果が高いと聞きつけ、ファイザーを接種することにしたのだ。

 ガンモの接種日と接種時間に合わせて私も予約を取り、ガンモが運転するカングーに乗って接種会場へと向かった。私たち二人とも問題なく接種が終わり、接種した当日はほとんど副反応が出ることなく過ぎた。

 接種した翌日から、少しずつ体温が上がり始めたので、私はアセトアミノフェンを飲んでしのいだ。そのためか、体温は三十七度五分までしか上がらなかった。モデルナを接種したときには体温がかなり上がったので(確か三十八度台だったと思う)、それほど体温が上がらないファイザーは楽ちんだと思っていた。

 ガンモは接種から二日目くらいにはほぼ完全復活した。しかし、私はまだ微熱が続いていた。寒気もあった。もちろん、接種した部位の痛みや痒みも出ていた。接種から三日目にようやく平熱に戻り、これで平常運転かと思っていたのだが、何と、接種から四日目に左鎖骨のリンパ節が腫れていることに気がついた。その腫れは、私が身体を動かすとぷるぷると動いた。その後、その腫れは更に大きくなり、手で触ってみると、まるで丘のようにぷっくり膨れ上がっていた。

 もしも悪い病気だったらどうしようと思いながら、恐る恐るインターネットで検索してみたところ、ファイザーの新型コロナワクチンの副反応でリンパ節が腫れることがあるという情報がヒットし、まさしくこれだと思った。

 その後、リンパ節の腫れは、一日でほぼ引いたのだが、押さえるとまだ少し痛みがあった。そのわずかな痛みは現在も続いているが、大きく腫れていた頃よりはかなり改善されている。私の経験が、同じような状況の方たちの参考になれば幸いである。


※このブログへのコメントは、ガンまる日記掲示板で承ります。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 高熱が出るモデルナと、リンパ節が腫れるファイザー。四回目の接種があるとすれば、どちらを選ぶことになるのでしょうか。ただ、不安な症状が出ても、すぐにインターネットで調べられるのは有難いですね。

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

2022.04.12

「ルーフバルコニーに集合だから」

最近の気付きの記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 春を通り越して初夏の到来ですね。ロシアからのウクライナへの攻撃がまだ止まないことで胸を痛める毎日です。ライトワーカーのみんなで結束して、暴君プーチンを止めることはできないでしょうか。今こそ地球を救うときだと思うのですが・・・・・・。


 コロナ前までは外食が多かった私たちも、コロナ禍の今は自宅でご飯を食べるようになった。私が神戸で働いていた頃は、ガンモと仕事帰りに待ち合わせて、良く外食していたものだった。しかし現在、私は大阪で働いており(時々出勤、時々テレワーク)、ガンモは感染防止のために電車ではなく自家用車で通勤している。そうした背景もあって、お互いの休みの日と、お互いの仕事が終わってからは、ルーフバルコニーで食事をするのが日課になっている。エアコンの効いた部屋に逃げ込む夏の暑い日以外は、寒い冬の日も風の日も、ルーフバルコニーで一緒に食事をしている。

 夫婦で同じものを食べながら語り合い、食後にお茶を飲む。子供のいない夫婦にとって、これは最高の幸せだと思う。ただ、私の今の仕事は急な残業を依頼されることが多く、楽しみにしているガンモとの食事を泣く泣く見送らなければならないこともある。また、ガンモも仕事が急に長引くこともあり、私が独りでご飯を食べることもある。二人で一緒に過ごす心地よさを知っているだけに、それが実現できないときの落胆は大きい。

 お互いの休みの日は、私はテントかルーフバルコニーで過ごし、ガンモは寝室でゆったりと過ごしている。ずっと同じ場所に一緒にいるわけではない。しかし、ご飯の時間になるとルーフバルコニーに集合して、一緒にご飯を食べる。仕事に出掛けて行くときも、「じゃあ、夜はルーフバルコニーに集合だから」と言って家を出る。すなわち、私たちにとって、ルーフバルコニーは集合場所なのである。

※このブログへのコメントは、ガンまる日記掲示板で承ります。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 気が付けばガンモとの結婚生活も今年で二十六年になります。コロナ禍でなければ、去年の銀婚式は二人でどこかに旅行に出掛けていたはずでした。今年も海外には行けそうにありませんが、感染リスクの少ないキャンプなどを細々と楽しんでいます。

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

«最近の気付き