2020.01.20

ホットヨガ(六七三回目)

二〇二〇年のえべっさんの記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 年が明けても、なかなか記事を更新できないでいます。(苦笑)暖冬のせいか、札幌にはあまり雪がありませんでした。札幌雪祭りは、予定通り開催されるのか、少し心配になりました。さて、ホットヨガの記事がかなり貯まってしまっています。一年以上も書き溜めているので、少しでも更新して行きたいとは思っていますが、更年期のせいでなかなか行動が伴いません。


 二〇一八年十二月二十三日日曜日、ホットヨガのS店のスタジオで、カウンセリングと六十分のベーシックコースのレッスンを受けた。

 まずはカウンセリングだが、この日は、かつて東京のG店のスタジオでカウンセリングを担当してくださったトップインストラクターが来店されていたので、まずはトップインストラクターのカウンセリングを受けた。

 東京のG店のトップインストラクターは、ざっくばらんな方だがとてもカリスマ的な存在で、大阪のU店のトップインストラクターと大の仲良しなのである。

 エレベータを降りると、どういうわけか、大阪のU店のトップインストラクターの姿が目に入った。あれ? 今日は来店されるご予定ではなかったはずだが・・・・・・。さてはお休みの日なのに来られているのだなと思い、ご確認させていただいたところ、やはりお休みなのにS店のスタジオに来られていたのである。以前からツーショットで拝見したいと思っていたので、ようやく願いが叶ってとてもうれしかった。

 私は大阪のU店のトップインストラクターに、私自身は仕事を通して、お二人ほど仲良くなれる人に出会っていないと言った。これは以前から思っていたことである。だからお二人は、ヨガをするために生まれて来た方たちなのだろうと思っている。

 まずは東京のG店のトップインストラクターの三十分枠のカウンセリングを受けた。

 私は肩凝りが人一倍、二倍? いや、三倍もひどい。そのことを知った東京のG店のトップイラクターが私の肩をほぐす方法を教えてくださるとのことで、思い切って、高額なチケットを購入したのである。しかしその後、東京のG店のトップインストラクターが何度もS店のスタジオに来られているというのに、私の予定が合わず、半年ほど先送りさせていただいていたのだ。そして、今回が初めてのカウンセリングとなったわけだ。

 カウンセリングの詳細については書けないが、どのトップインストラクターから手解きを受けても、毎回、目から鱗の連続である。通常のレッスンのときは、インストラクターたちが導く内容を自己流に解釈し、自己流のポーズを取ってしまいがちなのである。トップインストラクターから、このポーズは本当はこのように取るべきだと教わる度に、仰天するのである。

 あっという間に三十分のカウンセリング時間が過ぎた。私はトップインストラクターにお礼を言って、ロッカールームに戻った。このあと六十分のベーシックコースのレッスンを受ける予定だったが、一時間ほど時間があったので、ロッカールームでくつろいでいた。

 そして、六十分のベーシックコースのレッスンを担当してくださったのは、受付などでしばしばお話させていただくインストラクターだった。レッスンの参加者は十名だった。

 トライアルレッスンを受けられる方が私の隣のヨガマットにいらっしゃったのだが、どこか他のスタジオでヨガをされていたのか、ポーズがとても美しかった。

 三十分のカウンセリングを受けて肩ほぐしを行ったあとだったからか、いつもとは身体が違う気がした。しかし、私の肩凝りはまだまだ頑固なのである。

 ちなみに、今回は、朝九時からレッスンが開催されていた。関東地方では、朝九時からレッスンが開催されていることがあるのだが、S店のスタジオで開催されるのは希である。朝のうちにヨガのレッスンを受けてすっきりして、午後からは自分の予定をこなすことが可能なので、朝の早い時間のレッスンは大歓迎である。
しかし、この日、私はこの時間帯にカウンセリングの予約をしていたので、そのレッスンは受けられなかったのが残念である。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 一年以上も前のことですが、こうして下書きの記事を読み返してみると、当時のことが少しだけよみがえります。この頃から比べると、私の肩凝りは少しマシになっていると思います。

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

| | トラックバック (0)

2020.01.12

二〇二〇年のえべっさん

ホットヨガ(六七二回目)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m またまた更新期間が空いてしまいました。皆さん、遅ればせながら、新年、あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。今年は二〇二〇年で、英語ではTwenty Twentyと言い、何となくゴロがいい感じです。東京オリンピックの年でもありますね。今年こそは、自然災害の少ない良い一年になるよう願っています。さて、三連休ですね。私たちは、三連休に有給を一日足し込んで、昨日からまたまた北海道に来ています。去年の夏は長距離フェリーに乗って、カングーで北海道を走り回りましたが、今回は飛行機を利用しました。さすがに三連休とあって、飛行機はほぼ満席の状態でした。今、札幌にいますが、やはり寒いです。皆さんも素敵な三連休をお過ごしくださいね。


 先週の金曜日、西宮神社の十日ゑびすに参拝して来た。十日ゑびす(通称、えべっさん)は、関西地方で行われている商売繁盛を祈る参拝の風習で、私も関西に移住してから初めて知ったものである。毎年たくさんの人たちが、ゑびす神社と名の付く神社に参拝する。最初のうちは慣れなかったが、最近ではえべっさんの時期になると、何故か心が躍るようになって来た。

 えべっさんでは、一年前に購入したお札や福笹を奉納して、新しいお札や福笹を購入することになるため、私は古い福笹を持参して出勤した。福笹には鈴が付いているので、私が歩くたびに鈴が鳴った。また、手提げカバンから福笹が少し顔を覗かせているのも心地よかった。一日の仕事を終えた私は、ガンモと西宮神社の近くで落ち合って、一緒に境内へと向かった。

 やはり金曜日の夜ということもあり、西宮神社はたくさんの参拝客で賑わっていた。毎年そうなのだが、えべっさんの最寄駅である阪神西宮駅前や西宮ゑびす神社の周辺で、どういうわけかキリスト教の教えを説く言葉が大きなスピーカーから流れている。複数の人たちがメッセージ性を含んだ大きな看板を持って立ち、スピーカーを使ってキリストの教えを説いている。まるで、演歌歌手のコンサートにやって来た人たちに、ロック歌手のコンサートのチラシを配ろうとしているかのようだ。

 西宮神社の境内に入るまでは、警察による入場規制が行われていた。境内に入場してからも、本殿まで百メートル以上も長い列に並ぶ。境内に入ってから私たちがすることと言えば、古い福笹を奉納して、本殿の前で手を合わせてお賽銭を投げて、おみくじを引くことだ。

 このおみくじが毎回不思議で、どういうわけかおみくじに書かれている通りの一年になる。大殺界の運気だった二年前に私は凶を引き当て、大殺界が終わった去年は末吉を引き当てた。そして今年出たのは半吉だった。

(撮影:ガンモ)

 悔しいことに、ガンモが引き当てたのは大吉だった。私が半吉でも、ガンモが大吉なので、きっといい一年になることと思う。

 ちなみに、あまりきれいな動画ではないのだが、実際に参拝したときの様子を撮影したものを編集してYouTubeにアップしたので、関西地方のえべっさんの雰囲気を感じてくだされば幸いである。

※このブログへのコメントは、ガンまる日記掲示板で承ります。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 運気には波がありますよね。凶、末吉、半吉と続きましたので、来年は吉だろうと期待しています。

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

2019.12.24

ホットヨガ(六七二回目)

カングーの入院(3)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 今日はクリスマスイブですね。少し早いですが、皆さん、メリークリスマス! 寒いですが、どうか素敵なクリスマスをお迎えくださいね。それでは、ホットヨガ(六七一回目)の続きをお届けしたいと思います。


 続いて受けた二本目のレッスンは、六十分のスタンダードコースのレッスンである。このコースは体幹を鍛えるコースと言われている。

 レッスンを担当してくださったのは、受付ではお話させていただいていたことのあるインストラクターで、レッスンの参加者は九名だった。

 二本目のレッスンだったというのに、汗が大量に出て来ることはなかった。しかし、やはり暑いのでレッスン中に二回ほどスタジオの外に出て涼んだ。

 スタジオの外では、東京から来られたカリスマインストラクターによるカウンセリングが行われていた。カウンセリングを受けると、やはり新たな高額チケットの購入を勧められるようだ。

 カウンセリング自体はとても素晴らしいので、購入したチケットの範囲内で、どのインストラクターのカウンセリングでも受けられるようにして欲しいと思う。今は、インストラクターごとのカウンセリングチケットを購入している。しかし、対象が全国なので、中には手が回らないインストラクターもいらっしゃるように思う。いずれにしても、素晴らしいインストラクターが揃っているのは事実だ。

 とは言え、同じ職場の人からは、
「ヨガでは痩せないよ。この間、テレビでやってたよ」
とも言われている。その方は、痩せるためではなく身体を鍛えるために、ヨガとは違う健康法を実践し続けている方だ。

 スタンダードコースのレッスンは、私に合っていると思う。今回は、自宅で少しゆっくり過ごすために、肩凝り解消ヨガとスタンダードコースの二本を受けたが、この組み合わせのほうが私に合っているように思えたのだった。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 私は何のためにヨガをやっているのかと、時々思います。健康のためではあると思いますが、痩せるためではないと思っています。

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

| | トラックバック (0)

2019.12.22

カングーの入院(3)

ホットヨガ(六七一回目)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 前回の記事を書いてから、ずいぶん時間が経ってしまいました。今月始めの週末は、ガンモと秋田に出掛けていました。なまはげの実演を見て、地方独特の文化の面白さを感じました。それでは、カングーの入院(2)の続きをお届けしたいと思います。


 ホテルに一泊して、チェックアウトしたとき、果たしてカングーのエンジンがかかるかどうか心配だったが、問題なくエンジンがかかったので、そのままフレンチブルーミーティングの会場へと向かった。そして、そこで二時間半ほど過ごしたあと、次なる目的地へと向かった。そのときも、カングーのエンジンがかかるかどうか不安だったが、もしもエンジンがかからなくなったとしても、そこはフランス車のオーナーたちが集う会場だったので、エンジンに詳しい人が助けてくれるのではないかと期待していた。しかし、そんな心配も不要なほど、カングーのエンジンは無事にかかり、私たちはフレンチブルーミーティングの会場をあとにした。

 少し観光して、途中で昼食も取った。カングーの調子が思いのほか良かったので、その後は当初予定していた通り、山道をくねくね登ったところにある無料のキャンプ場へと向かった。この記事を書くきっかけとなった出来事を思い返せば、このキャンプ場に向かったのはかなり無謀だったと思える。何故なら、キャンプ場に続く山道は対向車も受け付けないほど狭く、市街地からも離れていたからだ。

 そこは知る人ぞ知る景色の美しいキャンプ場で、日曜日であるにもかかわらず、数組の利用客がいた。私たちはそこに一泊した。翌日、荷物をまとめてキャンプ場を引き上げるときも、カングーのエンジンは無事にかかった。そして、日帰り温泉にも寄って、帰りの高速道路で休憩をしたあともカングーのエンジンはかかり、何とか無事に帰宅することができたのだった。

※このブログへのコメントは、ガンまる日記掲示板で承ります。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 思い返してみると、かなり無謀なことをしたと思います。それでも無事に帰宅できたのは、奇跡と言えるかもしれません。(苦笑)記事はまだ続きます。

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

2019.12.02

ホットヨガ(六七一回目)

映画『レジェンド 狂気の美学』の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 早くも十二月ですね。この時期は非常に多忙な時期でもあります。そろそろ年賀状の準備もしなければならないのですが、まだ手付かずです。(苦笑)ひとまず、年末に帰省するための高速バスのチケットは確保しました。ガンモは仕事があるため、年末年始は別々に過ごすことになりそうです。


 去年の十二月八日土曜日、ホットヨガのS店のスタジオで、二本のレッスンを受けた。

 ガンモが仕事に出掛けたので、私もホットヨガのレッスンを受けることにしたわけだが、この日は東京からカリスマインストラクターが来られて、レッスンの合間に身体をほぐすための極意を教えてくださることになっていた。たまたまインターネットでレッスンの予約をしたときにこのことに気づいた。無料と書かれていたので申し込んでおいた。

 そして、一本目のレッスンを受ける前にその手解きを受けた。もっと開脚できるようになるための極意だ。開脚し辛くなる原因とその対策をうかがって、とにかく驚いた。それを実践すると、実際に私の開脚率も広がった。

 その後、六十分の肩凝り解消ヨガのレッスンを受けた。ほぐしのレクチャーのあとだったので、何だか自分の骨盤の位置が変わっているのに気がついた。普段、私の骨盤はきれいに立ってはいないが、ほぐしのレクチャーを受けたことにより、立つようになったのだろうか。あるいは、ほぐしの効果が効いて、骨盤が柔らかくなったために骨盤が立っていることを実感できるのようになったのかもしれない。

 肩凝り解消ヨガのレッスンを担当してくださったのは、大阪のM店のトップインストラクターで、レッスンの参加者は十三名だった。スタジオ内はやはり暑くなっていたため、私は二回ほどスタジオの外に出て休んだ。

 東京から来られたカリスマインストラクターのことが気に入ったので、髪型を真似てみようかなどと思った。カリスマインストラクターみたいにかっこよくなれるかもしれない。とは言え、私の身体はあちこち硬い。今はそれを改善して行かなければならないと思った。

 レッスン中、私の隣のヨガマットでポーズを取っていた方が、いつの間にかいなくなっていた。ヨガマットの上にバスタオルを残したままで、しかもレッスンの早い時間だったので、そのうち帰って来られるだろうと思っていたのだが、とうとう帰って来なかった。体調が悪かったのかもしれない。

 さて、このあともう一本受ける予定だ。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m ホットヨガの記事が溜まり過ぎていて、ついに一年前の内容をお届けすることになってしまいました。自分の書いた下書きの記事を読みながら、このとき、東京から来られたトップインストラクターは誰だったのだろうと思い返しています。しかも、このとき受けた手解きが、その後の私のヨガライフにまったく活かせていないことに驚きました。(苦笑)

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

| | トラックバック (0)

2019.11.30

映画『レジェンド 狂気の美学』

およそ一年振りのTOEICの記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 本格的に寒くなりましたね。今、テントの中の気温は十度です。(苦笑)闘病中だった知人のご主人さまから喪中はがきが届き、その知人が亡くなったことを知りました。これまでとてもエネルギッシュに活動されていた方だけに、ショックでした。インターネットも普及していない時期にとあるサークルで出会った方で、その方が住む地域に出掛けたときに一度だけお会いしました。今は肉体の苦しみから解放されて、空の上からそっと、ご主人さまのことを見守ってくれていると信じています。


 その昔、ロンドンにクレイ兄弟というギャングが実在したことは、イギリス人の英会話講師からも聞いて知っていた。しかし、こうして彼らを描いた映画を観るのは初めてだった。ふとクレイ兄弟のことが気になり、Amazonプライムで鑑賞したのが本作だ。他にもクレイ兄弟を扱った作品はあるのだが、今回、私が鑑賞したのは、トム・ハーディが双子の二役を演じた本作だ。

 最初に驚いたのは、トム・ハーディの見事なCockneyアクセントだった。確か、トム・ハーディはもともとCockneyを話す俳優さんではなかったと思うので、その自然なアクセントにとにかく驚いた。また、性格の異なる双子を見事に演じ分けているのも素晴らしかった。

 とは言え、トム・ハーディの演技は素晴らしくても、クレイ兄弟が送った人生は、暴行や恐喝、そして殺人と、決して素晴らしいものではなかった。身近にいて欲しくない存在であることは間違いない。

 さて、本作には語り手がいる。クレイ兄弟のレジーと激しい恋に落ちたフランシスである。彼女の語りで映像にならない部分が埋められて行く。堅気の彼女は、ぶれない判断基準を持っており、自身のレジーへの愛の力で、レジーを堅気の道へと導こうとする。しかし、レジーには過去からのしがらみや、何よりも双子の弟ロニーとの強い絆があり、なかなかフランシスの思惑通りには行かない。

 私は、レジーとフランシスの出会いは運命的だと感じた。強く惹かれ合っているはずの二人なのに、お互いのいる世界や価値観があまりにも違い過ぎて、次第にすれ違って行く過程を見守るのは悲しかった。お互いに心から愛し合っているはずなのに、やがて事態は思わぬ方向へと進んで行く。観ていて一番辛かったのはそこだ。

 実は、本作を鑑賞したあと、クレイ兄弟を扱った別の映画『UKコネクト』の鑑賞を始めたのだが、キャストの顔がなかなか覚えられず、Cockneyアクセントがあまり上手ではないと感じる俳優さんもいたりして、集中できなくなってしまった。おそらく、本作の余韻に浸るべき時期に別の作品を鑑賞しようとしたからだろう。もう少し時間を置いてから、映画『UKコネクト』も鑑賞しなおしたいと思っている。

※このブログへのコメントは、ガンまる日記掲示板で承ります。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m とにかく、トム・ハーディの一人二役の演技が素晴らしかったです。ギャングの世界がわかりやすく描かれている作品だと思いました。

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

2019.11.24

およそ一年振りのTOEIC

カングーの入院(2)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 今日はおよそ一年振りに、一年割引を使ってTOEICの試験を受けて来ました。今日はそのことについて書いてみたいと思います。


 自宅から路線バスで二十分ほどのところにある大学で、およそ一年振りにTOEICの試験を受けた。TOEICの試験会場は、受験者が自ら指定することはできないのだが、ここ数年は受験票が届くと、毎回この大学が受験会場として指定されている。

 一年ほど前から、私は英語を「楽しむ」ようになり、英語を「勉強する」のは止めてしまった。私の中での英語を「勉強する」というのは、例えば英単語やフレーズを丸暗記したり、英文を日本語に訳したりすることである。最近の私が実践しているのは、通勤の途中などにイギリス英語のニュース記事を読んだり、イギリス人のYoutuberがアップした動画を音声だけダウンロードして通勤の途中や昼休みに聞いたり、数少ないイギリス英語のアプリを使ってシャドウイングをしたり、イギリス英語の発音方法のYoutubeの動画を鑑賞していることくらいだ。

 TOEICのリスニング問題は、アメリカ英語やイギリス英語、オーストラリア英語、カナダ英語が織り交ぜられていると聞いているのだが、私が普段、聞き慣れているイギリス英語はほとんど含まれていないように思う。もっとイギリス英語を増やして欲しい。普段、イギリス英語ばかり聞いている私の耳にアメリカ英語がどのように聞こえるかというと、イギリス英語よりもスピードがゆっくりだが、'r'や'l'、そして't'の音がイギリス英語と異なっていて、全体的に口ごもっているように聞こえる。また、'stand'などのアクセントも違う。

 とは言え、毎度ながら思うのだが、やはりTOEICの試験を受けている人たちは、問題を解くスピードが非常に速い。私がもたもた回答していると、問題用紙の次のページをめくる音があちらこちらで聞こえて来る。そのため、私は遅れを取っているように感じて焦ってしまうのだ。

 それでも、以前と比べると、少しずつは英語力がアップして来ていると感じる。今回もリーディングのテストの時間が足りなかったが、以前よりは正解率がアップしているような気がしている。泣いても笑っても、結果が出るのはおよそ一ヵ月後だ。

※このブログへのコメントは、ガンまる日記掲示板で承ります。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m TOEICの試験を目前にして、久し振りに英単語の勉強をしようかと思い、英単語の参考書を開いてみたのですが、思い切り拒絶反応が出てしまいました。やはり、私には、英文を読み進めて行く中で登場した英単語を覚えるほうが合っているようです。

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

«カングーの入院(2)