2018.12.10

ホットヨガ(六四八回目)

英会話のマラソンレッスンの記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 風が止んだせいか、昨日よりは少し暖かいような気がしますが、やはり本格的な冬の到来ですね。何もかも、毎日少しずつ変化していて、一日たりとも同じ日はないのを実感してしまいます。それでは、ホットヨガ(六四七回目)の続きをお届けしたいと思います。


 大阪のU店のスタジオで、続いて受けた二本目のレッスンは、肩凝り解消ヨガのレッスンだった。レッスンを担当してくださったのは京都のK店のインストラクターで、レッスンの参加者は十二名だった。今回のレッスンでも、男性会員の参加者はゼロだった。他の場所でも見掛けなかったので、以前よりも男性会員さんの数は減っているのではないだろうか。

 レッスンの参加者が十二名でも、スタジオは十分に広く、とても快適だった。ただ、横に長いスタジオなので、奥行き広く、外の涼しい空気は届きにくい。そのため、スタジオの空気の入れ換えが行われるときでも、スタジオの奥のほうにいると、涼しい風はあまり入って来ないのである。

 JR大阪駅からかなり歩かなければならないことと、建物に着いてから三階まで昇る階段、そして、何を入れたらいいのかわからないような極細のロッカーに目を瞑れば、大阪のU店のスタジオでのびのびレッスンを受けるのも悪くないと感じた。

 ただ、レッスン中は、やはり顔からタラタラ流れて来る大量の汗との戦いで、鏡を見ても私の顔だけが赤かった。体力がなく、いつもばて気味である。おまけに下半身もグラグラしている。目もしょぼしょぼしているし、自律神経が乱れているせいか、光を見るとひどくまぶしい。長く生きて行くのも楽じゃないなと思ってしまう。

 とにかく自分が許容できる範囲で何とかレッスンを受けた。顔から汗が吹き出していたせいか、顔はつるつるである。化粧水も乳液も、ここ十五年くらいは使用していない。

 普段、受けないスタジオでレッスンを受けると、レッスン中の音楽も違っていて新鮮である。

 シャワーを浴びるときに、足拭きマットが一人一枚使用できるようになっていることに気が付いた。以前は、足拭きマットを複数の人たちで共有していた。ようやくU店のスタジオでも、一人一枚使えるようになっていた。シャワーの数もたくさんあるので、待っている人のために急いでシャワーを浴びる必要もなく、マイペースでゆっくり浴びることができた。

 シャワーを浴びたあと、着替えを済ませて受付に行くと、リラックスコースを担当してくださった店長さんが暖かく送り出してくださった。

 そして帰りは、百円ループバスのUMEGURUに乗って、次なる目的地へと向かったのだった。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m こんな記事を書いておきながら、あれからU店のスタジオには行っていないと思います。半年も経っていますので、また大阪の景色も変わっているでしょうね。

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

| | トラックバック (0)

2018.12.09

英会話のマラソンレッスン

ホットヨガ(六四七回目)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m いつの間にか十二月になり、早くも上旬が過ぎようとしています。しばらく記事の更新ができませんでした。ゆうべから急に寒くなりましたね。現在のテント内の温度は一〇.五度です。真冬になると、これより更に一〇度近く温度が下がるだろうと思います。テントで迎える三回目の冬となりますが、果たしてこの冬も無事に越せるのでしょうか。(笑)どうか皆さんも、気温の変化にお気を付けくださいね。


 イギリス人講師による英会話のプライベートレッスンを受けるようになってから、早くも丸二年が経過した。五十分のレッスンだが、毎回、あっという間に時間が過ぎてしまい、後ろ髪を引かれる思いで「また来週」のあいさつをして帰宅している。

 あるとき、話がひどく盛り上がっているときにレッスンの終わりの時間が来てしまい、
「良かったら今度、一〇〇分レッスンを受けてみない?」
とイギリス人講師がお誘いくださった。要するに、二回分のレッスンを一度に受けるというものだ。そのため、レッスン料は普段の二倍になる。私は、北海道旅行のためにレッスンをお休みしたので、その埋め合わせのためにも、二回分のレッスンを受けられるのはちょうどいいと思っていた。そして、先日、そのマラソンレッスンの日がやって来た。

 いつもよりも長いレッスンなので、もしもレッスン中に、何も会話することがなくなってしまったらどうしようと思ったりもしていたのだが、いつものレッスンと変わらない感覚でレッスンを受けることができた。むしろ、毎回一〇〇分のレッスンでも大丈夫なくらいだと感じた。

 ただ、翌日の仕事中に、頭の中でたくさんの英語が浮かんで来ては消え、また浮かんで来ては消えるという状況がしばらく続いた。英語のシャワーを浴びると、ときどきこのような現象が発生する。普段、通勤の途中などに英語を聞いているだけではこのようなことはあまり起こらないのだが、実際に英語で会話をすると、頭の中に英語の回路がしばらく残るようだ。とは言え、それはとても心地のいいものである。

 マラソンレッスンを受けるには、一〇〇分という時間を無駄にしないようにするために、講師のほうにも、私にほうにも準備が必要になる。それでも、集中して受ける一〇〇分のレッスンは、とても貴重なものとなった。今後、通常のレッスンでは物足りないと感じてしまわないようにしたいものである。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 月に一度くらいは一〇〇分のレッスンを受けるのは良いのではないかと感じました。そうすることで、次の週のレッスンを休みにすることもできるようです。エネルギー溜めて発散するといった感じでしょうか。話が合うイギリス人講師に出会えて本当に良かったと思っています。

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

| | トラックバック (0)

2018.11.27

ホットヨガ(六四七回目)

高須克弥さんのがん治療法に仰天、そして納得の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 朝はそれなりに寒いですが、仕事帰りの時間帯は比較的暖かい気がします。テントの中の今の気温は十六度です。やはり、暖かいと感じます。さて、急に仕事が忙しくなり、年末までは残業続きの毎日になりそうです。寝不足と戦いながら頑張ります。皆さんも、体調を崩さないように気を付けてくださいね。


 六月二日土曜日、ホットヨガのU店のスタジオで、二本のレッスンを受けた。この日は大阪で用事があったので、漢方医の診察を受けたあと、その足で大阪までやって来たのだ。

 かつて何度も通った道を歩き始めたとき、しばらく来ないうちに大阪の町並みがすっかり変わってしまっていることに気が付いた。あの悲しい事故(車を運転していた人が大動脈解離のために運転ができなくなり、交差点を歩いていた人たちを次々にはねてしまった)のあった交差点に面したビルが、大きなカラオケショップに変わっていた。

 レッスンの開始時間が十二時半からだったので、お昼御飯を食べてからレッスンに臨んだほうがいいだろうと思っていた。というのも、今回も二本のレッスンを受けることになっていたからだ。レッスンとレッスンの間は三十分しかなく、その時間はいつも記事の下書きの時間に充てているため、やはり昼食をとっておいたほうがいいだろう。しかし、U店のスタジオ近くにあるお店はどのお店も十一時開店で、十時半頃に大阪に着いた私は、早めのお昼ご飯を食べさせてくれるお店を探してうろうろしていた。十一時までうろうろし続けるのも時間がもったいないので、結局マクドナルドに入って腹ごしらえをしておいた。

 U店のスタジオに着いて、三階まで階段を昇って行くのがきつかった。そうだ、久し振りのU店のスタジオでのレッスンに内心喜んではいたものの、そう言えばこの階段がきつかったのだと思い出した。

 受付にはU店の店長さんがいらっしゃり、
「お久し振りですね」
と迎えてくださった。そのあと、リラックスコースのレッスンも担当してくださった。

 レッスンの参加者は、何と四人だった。男性会員もゼロだった。最近、U店の男性会員の方たちはどうなったのだろう。受付などの共有部分ではどなたにもお目にかからなかったが、男性会員用の更衣室からはドライヤーで髪を乾かす音が聞こえて来た。女性用の更衣室は、ドライヤーを使うドレッサーが奥のほうにあるので、女性会員がドライヤーを使う音ではなかったはずである。

 さて、レッスンだが、広いスタジオにわずか四人というとても贅沢なレッスンとなった。私が普段、通っているS店のスタジオは、週末ともなるといつもたくさんの人たちで賑わっているが、U店に来ればこんなふうに広々とレッスンを受けられるのかと贅沢に思えた。

 ただ、レッスン中に暑く感じたのでスタジオの外に出て休んでいたところ、京都のK店のインストラクターが声を掛けてくださった。このあとのレッスンを担当してくださるようだった。

 こうして贅沢な時間は流れ、次のレッスンに備えてクールダウンするために扇風機も回して身体を冷やしておいたのである。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m U店のスタジオに足を運んだのが半年ほど前のことですので、下書きしておいた記事を書き起こしながら懐かしくなってしまいました。(笑)U店のスタッフの皆さん、そして会員の皆さん、お元気でしょうか。

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

| | トラックバック (0)

2018.11.25

高須克弥さんのがん治療法に仰天、そして納得

海外ドラマ『ワンス・アポン・ア・タイム』シーズン1の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m この三連休に一日の休暇を足し込んで、ガンモと一緒に三泊四日の北海道旅行を楽しんで来ました。今日のお昼過ぎに関西国際空港に着いたのですが、北海道と気温が十度も違っていて、あまりにも暖かくて驚きました。北海道は、外は寒くても、部屋の中をかなり暖かくしますね。普段、暖房を使用していない私たちは、それが暑くてたまらなかったのですが、こうして帰って来ると、今度は暖房の効いた状態に身体が慣れてしまったのか、暖房なしの生活が寒いと感じています。(苦笑)


 今回の北海道旅行では、一日目はホテルに宿泊し、二日目と三日目はオートキャンプ場のバンガローに宿泊した。どの宿泊施設にも部屋にテレビがあり、普段、テレビをまったく見ることのない私でも、ついついテレビのスイッチを入れてしまった。そして、全身がんを自ら告白した高須クリニックの高須克弥さんを取材した番組を観ることになったのだ。

 高須さんの生活は、がんを患っていない人よりも元気であるかのように見えた。何故なら、医師の仕事もパワフルにこなし、食べ過ぎではないかと指摘したくなるほど食欲も旺盛だったからだ。

 私自身も母をがんで亡くしているので、高須さんのがんとの向き合い方には仰天した。しかし、さすがご自身が医師であるだけあって、がん治療法は納得の行くものだった。高須さんのがん治療法とは、ご自身の血液中に含まれるがん細胞を攻撃するナチュラルキラー細胞を培養し、ご自身の体内に戻すというものだ。医学の力を借りてはいるが、がん細胞をご自身でやっつけていると言っても過言ではない。

 しかも、「誰でもいつかは必ず死ぬ」ということを、日頃から意識していらっしゃるのは本当に素晴らしいことだと思った。誰でもいつかは必ず死ぬというのに、多くの人たちが普段はそのことをすっかり忘れていて、自分だけは死にたくない、今は死ぬはずがないと思いながら生きている。番組を観て、「誰でもいつかは必ず死ぬ」ということを、普段からどれくらい意識して生きて行くかが重要であるような気がした。

 そして、高須さんが言っていたもう一つの重要なことは、「がんになっても、すぐには死なない」ということだ。病気によっては、病気が発覚してすぐに亡くなってしまう人もいる。そのような突発的な病気と比べると、「すぐに死なないがんは、死ぬための準備ができる病気」であるとも言えるのだ。

 番組には、全身がんを患っていても、元気に生きている高須さんの姿が映し出されていた。あの番組は、実際にがんを患っている人たちに、大きな希望を与えたのではないだろうか。もし、母がまだ生きていれば、見せてあげたかった番組の一つである。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 私自身も、彼の行動から学ぶことがたくさんありました。がんであることを宣告されても、ネガティヴにならない生き方もあるのですね。

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

| | トラックバック (0)

2018.11.20

海外ドラマ『ワンス・アポン・ア・タイム』シーズン1

ホットヨガ(六四六回目)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m だんだん冷え込みが厳しくなって来ましたね。今、この記事を書いているテント内の気温も十四度です。(笑)冬場になると、更に十度くらいは下がるだろうと思っています。今週末は三連休ですね。私たちは三連休に休暇をプラスして北海道に出掛ける予定です。


Onceuponatimes1

 珍しく、アメリカのテレビドラマをU-NEXT<ユーネクスト> | 日本最大級のビデオ・オンデマンドで鑑賞した。様々な童話の主人公たちが、アメリカにあるメイン州のストーリーブルックという街に閉じ込められているという設定で物語が進行して行く。

 ストーリーブルックでの出来事を現世と仮定するならば、童話の世界での出来事を過去世ととらえることもできる。ただ、物語の中でははっきりと、現世と過去世という表現はされていないのだが、この記事の中では便宜上、現世と過去世という表現をさせていただく。

 同じ登場人物でも、時代が違えば名前も違っている。現世と過去世が交互に描写されているが、服装も髪型も違うので混乱はしない。むしろ、過去世での行いが現世にも影響を与えているととらえることができて、大変興味深い。

 アメリカのテレビドラマだが、中にはイギリス英語で話す俳優さんもいる。ルンペルシュティルツキンとミスター・ゴールドを演じているロバート・カーライル(スコットランド出身)だ。彼の演じる魔法使いのルンペルシュティルツキンのキャラクターは素晴らしい。嫌われ役なのだが、百パーセントの悪人ではない。冷酷な人間を演じることで、自分自身が成就できなかった愛を忘れようとしているかのようだ。彼にとっての成就できなかった愛とは、愛する息子との別れや、自分を愛してくれた女性との別れである。

 ルンペルシュティルツキンだけでなく、ストーリーブルックに住む童話の主人公たち全員が、自分が本当に愛する者たちから引き離されてしまっている。そう、この街には「愛が成就しない」という悪の女王の呪いがかけられているのだ。

 過去世で白雪姫の継母だった女性、すなわち悪の女王は、現世ではストーリーブルックの市長となっている。彼女から伝わって来るのは愛の持つ暖かさではなく、冷たさだ。しかし、そんな悪の女王でさえ、愛が成就しなかったという辛い過去を持っている。

 おそらく、悪の女王が成就できなかったという愛を完全に癒せば、悪の女王の呪いは解け、この物語は完結する。しかし、物語は完結せず、この後もシーズン2、3、4、5、6、7へと長く続いて行くようだ。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m ヨーロッパのテレビドラマのように、次の話を観ないと気になって気になって仕方がないという感じではないのですが、ついつい観てしまう作品ですね。

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

| | トラックバック (0)

2018.11.13

ホットヨガ(六四六回目)

更年期障害への更なる対策の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 昨日の仕事帰りに、ようやく今月初めてのホットヨガのレッスンを受けることができました。平日にレッスンを受けるのは久し振りのことでしたが、頑張れば何とかレッスンを受けられることがわかりました。土日にホットヨガのレッスンをまとめて受けるよりも、平日の仕事帰りにレッスンを受けたほうがいいように思います。それでは、ホットヨガ(六四五回目)の続きをお伝えしたいと思います。


 続いて受けた二本目のレッスンは、六十分の肩凝り解消ヨガのレッスンである。

 レッスンを担当してくださったのは、大阪のU店のトップインストラクターである。レッスンの参加者はさすがに多く、何と十八名もいた。さすが、人気のトップインストラクターである。

 今回も私は、スタジオの奥のほうのヨガマットを選ぶことになった。直前のレッスンが終わってから次のレッスンまでの間にロッカールームで記事の下書きをしていたため、出入口に一番近いヨガマットの争奪戦に敗れてしまったのだ。

 私は、汗が大量に出て来たことと、暑さのためにスタジオの外に出て休むことにした。やはりホットヨガは暑い。最近の私のホットヨガの印象はそればかりだ。次から次へと汗が大量に出て来るので、フェイスタオルが汗ですっかり濡れてしまった。

 肩凝り解消ヨガのレッスンを受けたあと、私がしばらくカウンセリングを受けていないことについて、トップインストラクターが声をかけてくださった。私は、足裏を見せて、土踏まずが形成されていることを報告した。

 しばらくカウンセリングをさぼっていたので、ひょっとすると私のチケットは有効期限が切れてしまっているのではないかと心配になっていた。スタッフにご確認いただいたところ、あと二ヶ月有効だとのことだった。チケットの有効期限が迫っているためか、トップインストラクターが、
「それまで(有効期限が切れるまで)にプライベートレッスンを二回しましょう」
と言ってくださった。プライベートレッスンを受けるには、大阪に二つあるスタジオのどちらかに出向くことになるらしい。大変ありがたいことである。

 そして、この日はカウンセリングの予約をしていなかったのだが、たまたま空きがあったようで、トップインストラクターがカウンセリングをしてくださった。最初にトップインストラクターは、私の土踏まずをスマートフォンで撮影してくださった。私の携帯電話は、使い方が非常に難しいので、トップインストラクターのスマートフォンで撮影してくださったのだ。この写真を、以前、東京のG店のスタジオに出向いたときにカウンセリングを担当してくださったトップインストラクターにLINEで送るとおっしゃる。「もう忘れていらっしゃいますよ」と私は言った。

 私は、トップインストラクターの前で、毎日取っているポーズを披露した。何と、私はそのポーズを毎日取ると、カウンセリングシートに誓約していた。そんな誓約を書くのは私くらいしかいないと、トップインストラクターがおっしゃっていたのを覚えている。

 そして今回は、飛び入りのカウンセリングだったというのに、またしても有益なポーズを教えてくださった。一体このようなポーズはどうしてすぐに出て来るのかとても不思議である。トップインストラクターのアドバイスを実践していれば、確かに身体は変わって行く。現に私の足裏には土踏まずも形成されているではないか。とにかく、すごいインストラクターなのである。

 シャワーを浴びて受け付けに行くと、大阪のM店の店長さんが、
「(トップインストラクターが)プライベートレッスンにお誘いするのは珍しいですよ」
と小声で教えてくださった。確かにお忙しいトップインストラクターなので、ありがたい話である。
「笑って済ませないで、ちゃんとプライベートレッスンを受けたほうが、あとに残るので絶対いいですよ」
とアドバイスしてくださった。私がトップインストラクターのカウンセリングを受けているときに、いつも笑っているうちに時間が過ぎてしまうからだ。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m このとき話題に昇ったプライベートレッスンは、結局は叶わなかったのですが、その代わりと言っていいのかどうかはわかりませんが、○○○(ナイショ)してくださいました。(笑)

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

| | トラックバック (0)

2018.11.11

更年期障害への更なる対策

ホットヨガ(六四五回目)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 今日はホットヨガのレッスンを予約していたのですが、ガンモと一緒に過ごしたかったのと、私自身の腰が重かったため、レッスンをキャンセルしました。ホットヨガのほかに、自宅でやりたいことがたくさんあったというのも理由の一つです。今月はまだ一本もレッスンを受けていません。(苦笑)さて、今日は、私流の更年期の乗り切り方について書いてみたいと思います。


 大殺界に加えて私に大きな影響を与えているのが、更年期障害である。人生の中で、こんなにも身体が思うようにならない時期があるとは、これまで考えてもいなかった。巨大な子宮筋腫を抱えていた頃は、「にっくきエストロゲン、エストロゲンなんていらない!」状態だったのだが、エストロゲンの分泌量が減り、本格的な更年期を迎えると、「エストロゲンさまさま」の状態に変わってしまったと言っても過言ではない。

 エストロゲン不足は、唇や目の渇き、自律神経の乱れなどにも影響するようで、更年期を迎えた女性たちは、身体が思うようにならない不調を抱えることになるのだ。

 このままではいけないと思い、いくつかの対策を取っているので、それについて、これまでお伝えして来た情報も含めて書いてみたい。

 更年期が進んで来ると、ものごとに集中できなくなってしまう。私は仕事柄、職場のデスクで集中して物を考える必要があるのだが、集中力が欠如すると非常に厳しい。仕事上の間違いも多くなってしまう。また、物忘れも激しくなってしまい、どうしてもっと注意深く仕事ができないのかと自分自身が嫌になることも多くなった。そこで、集中力のなさや物忘れのひどさを緩和できるものはないか、インターネットでいろいろ検索してみたところ、カルピス菌から作られたサプリメントがあるという情報を入手した。しかし、既にいくつかのサプリメントを飲んでいるので、これ以上、サプリメントを増やしたくないと思い、「濃いめのカルピス」を飲み始めた。


 不思議なことに、飲み始めてからは、失われていた集中力が取り戻せつつある。そのおかげで、しばらく滞っていた旅行記を作成できるようになった。また、すっかり忘れてしまっていた人の名前なども思い出せるようになって来た。やはり、カルピス菌には何かあるのだと思う。

 更に、体内にエストロゲンを足すということについて、これまで抵抗があったが、天然の植物エストロゲンならば許容範囲だろうと考え、「Red Clover(レッドクローバー)」というサプリメントをアメリカから取り寄せて飲むようになった。


 これを昼食後に二粒飲み始めたところ、その翌日あたりから、倦怠感がかなり緩和された。私の場合、朝、起きたときの倦怠感が非常に激しく、「もう動けない」と弱音を吐きたくなることも多かったのだが、これを飲み始めたところ、仕事に出掛けて行くときにも、速足で歩けるようになって来た。これまでは、急ぎたくても身体が思うように動かず、急げない状況だったので、状況がかなり改善されていると思う。

 他にも、以前、ご紹介したGABAのサプリメントもアメリカから輸入している。私はもはや、これなしではいられない状態だ。

 このように、辛い更年期障害を抱えていても、ホルモン療法なしに何とか乗り切ることができている。ホルモン療法に抵抗がある方は、試してみてはいかがだろうか。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 更年期障害は、食べ物も大いに関係しているようです。私の場合は普段の食生活で野菜が足りていないようで、もし、今よりも野菜をたくさん食べることができれば、これらの症状ももっと緩和されるのかもしれません。

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

| | トラックバック (0)

«ホットヨガ(六四五回目)