2021.02.20

自律神経を整えるストレッチ

ホットヨガを退会の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 先日、東北地方でまた大きな地震がありましたが、該当地域にお住まいの皆さん、お怪我などはありませんでしたでしょうか。かなり揺れたようですね。被害に遭われた方たちにお見舞い申し上げます。東日本大震災の余震だと言われていますが、東日本大震災から間もなく十年を迎えようとしているというのに、まだ余震が続いていることに驚きを感じています。この時期、避難所で生活するとなると、新型コロナウイルスの感染対策も同時に必要になりますよね。発生する地震の規模が次第に大きくなっていることが心配ではありますが、日本に住んでいる限りは、地震と根気強く付き合って行く覚悟が必要なのかもしれませんね。


 ホットヨガを退会してからというもの、私は自分が抱えている身体の不具合を改善する方法について、YouTubeなどで積極的に検索してみるようになった。やる気が出なかったり、疲れやすかったり、肩凝りや首の凝りが激しかったりするのは、自律神経失調症が原因なのではないかと以前から疑ってはいた。そこで、自律神経を整えるストレッチをYouTubeで探してみたところ、いろいろヒットしたので、いくつかご紹介させていただこうと思う。

 こちらの動画は、実践してみてとにかく驚いた。あっという間に、肩甲骨周りが軽くなったからである。私は、仕事でもプライベートでもパソコンを使うことが多いせいか、肩甲骨まわりが非常に硬く、長年、背中にぴったりと張り付いた鉄の羽を背負い続けているような感じだった。ホットヨガの高額カウンセリングで相談させていただいたこともあったのだが、教わっても教わっても、なかなか身につかなかった。それなのに、YouTubeで公開されている無料の動画を見て、毎日実践するようになったのだから、人間の心理とは不思議なものだ。HOBONICHI CousinでもHABIT TRACKER(ハビットトラッカー;毎日の習慣チェック)を実施しているのだが、そこにこの動画で紹介されている肩甲骨はがしのストレッチを実施したかどうかの項目を設けて、毎日〇(実施済)を記録している。英会話のレッスンと同じで、教わることに対して受け身になってしまうと、何も身につかないのだと思った。能動的になることで、楽しく継続できるのだ。

 こちらの動画は、ホットヨガのレッスンにも取り入れられているポーズが満載のストレッチ集である。しかも、ホットヨガのレッスンを受けているときには聞き漏らしがちだった説明も、YouTubeの動画であれば、しっかりと頭に入って来る。何度でも復習できるのも良い。ホットヨガのレッスンは、レッスンの時間も決まっており、また、ポーズを取るための一連の流れがあるためか、この動画で行われているような一つ一つのポーズに対する詳細な説明は行われない。そのため、自分が今、取っているポーズは身体のどこに効いているのか、何故このようなポーズを取っているのかをなかなか理解することができなかった。しかし、この動画では、一つ一つのポーズについて、身体のどこに効くのか、何故、このようなポーズを取るのかについての説明がなされている。そのため、動画を見る人は、「理屈」を理解することができるために、やがてそれぞれのポーズを自分のものにできるのだと思う。

 これらのYouTubeの動画は、必要なときに何度でも繰り返して参照することができる上に無料である。能動的に動くことこそ大切なことだったのだと、今になって気付かされた次第である。

※このブログへのコメントは、ガンまる日記掲示板で承ります。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m YouTubeには、様々な分野で大変お世話になっています。(笑)関連する動画が次々に候補に上がって来るのも有難いですよね。

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

2021.02.06

ホットヨガを退会

「みんなのツバメノート」にHOBONICHI Cousinをセットしてみたの記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m また長らくご無沙汰してしまいました。しばらく出勤が続いていました。通勤に往復四時間弱掛かるので、やはり出勤して残業をすると、かなりの寝不足に陥ってしまいます。そのため、更新ができませんでした。今は束の間のテレワーク期間です。とは言え、また来週になれば状況が変わるかもしれません。そうしたことが少しずつストレスになっていたりもします。感染者の数は、ピーク時に比べれば、ずいぶん減って来てはいるようですね。最も寒い時期を過ぎたからでしょうか。それとも、緊急事態宣言が効いているのでしょうか。日本でもワクチンの接種が始まるようですが、果たしてこれからどうなるのでしょう。ところで、森喜朗氏の発言が海外メディアからも非難されていますね。何とも恥ずかしいことであります。かつては日本の代表だった人です。彼の顔を見れば、彼には見えていないものがたくさんあるのではないかと感じてしまいます。きっと彼は、これからも変わらないでしょうね。


 新型コロナウイルスの感染拡大により、ホットヨガのレッスンを一年ほど受けていない状態だった。半年ほど休会していたのだが、去年の十二月に半年の休会期限が切れて自動的に復会となり、毎月一万円以上の月会費が私の銀行口座から引き落とされるようになった。それでも私は感染を恐れて、レッスンに通う気にはなれなかった。そして一月が過ぎ、とうとう二月を迎えた。銀行口座を確認すると、私がレッスンに通わなくても、一万円以上の月会費の引き落としは続いていた。

 思えば休会中も、毎月二三〇〇円ほどの会費が引き落とされ続けていた。休会していても、様々な案内をメールで発信してもらえるため、そうした諸経費なのだろう。このまま休会を続けても、毎月二三〇〇円程度かかってしまう。一方、退会すると、これまで購入して来た高額チケットや、チケット制から月会費制に切り替わるときに大量に購入した回数券が無駄になってしまう。その金額を計算すると恐ろしい。それでも私は、新型コロナウイルスが収束するまではレッスンに通う気はなく、再び休会を続けて籍だけは置いておきたい、という気にはなれなかった。ガンモとも相談して、ついに退会を決意したのだった。

 ホットヨガに連絡をすると、二月五日までに退会の手続きを済ませれば、次回からの口座引き落としを止めてくれるという。そこで私は、テレワークを終えたあと電車に乗り、久し振りにホットヨガのスタジオに向かったのだ。

 以前、ここを訪れたのは、確か休会を申し込んだときだった。少し懐かしい気がした。久し振りにエレベータを降りると、懐かしい、顔なじみのスタッフが迎えてくださった。顔にはフェイスシールドを着けられており、受付には透明のシールドが設置されていた。感染対策はしっかりと行われているようだった。

 顔なじみのスタッフは、とても残念そうに対応してくださった。カウンセリングのチケットが余っているので、せめてカウンセリングを受けたあとに退会されてはどうかと勧めてくださった。それを放棄すると、私は十万円ほど損をすることになるらしい。しかし私は、
「休会しても毎月二三〇〇円かかりますし、新型コロナウイルスがいつ落ち着くかもわからないので、やはり退会させてください」
と申し出た。

 顔なじみのスタッフは、「わかりました」と言って、退会の処理を進めてくださった。私がホットヨガに通い始めたのは、二〇〇六年七月のことだったので、実に十四年七か月も在籍していたことになる。最初の頃は回数券を購入して、一回一七五〇円程度でレッスンを受けていた。様々な支店にも足を運び、いつか全店制覇するのが夢だった。しかし、とうとう、全店制覇を果たすことなく退会することになってしまった。

 私には、回数券で通っていた頃が一番良かったように思える。月によって、レッスンに通える回数が違うからだ。月会費制になってからは、ずいぶん商売っ気が出て来て、様々な高額チケットの購入を勧められたりもした。確かに、素晴らしいインストラクターには恵まれていたと思う。それだけに、何となく高級サロンのような雰囲気になってしまったようにも感じている。

 退会の手続きが終わり、スタジオをあとにするときに、「またレッスンを受けられるようになったら、いつでもご連絡ください。この会員番号は使えますので」と言ってくださった。私は、「はい。どうもありがとうございました。皆さんによろしくお伝えください」と言って、スタジオをあとにした。落ちこぼれの私を根気強く指導してくださったインストラクターと顔を合わせることなく退会することになってしまったが、もし顔を合わせていたら、泣いていたかもしれないとも思う。

 スタジオの最寄り駅にはエスカレータもエレベータもなく(正確に言うと、ホットヨガのスタジオから遠いところにある出口まで行けばエレベータはあるのだが、スタジオから遠いため不便である)、長い長い階段しかない。足を痛めている私には、階段の昇り降りが非常に辛かった。また、時々テレワークをすることもあることから、これまでのように通勤定期券は持たず、通勤するときだけ回数券を購入するようになっていた。言い換えると、これまでのように通勤定期を活用してホットヨガのレッスンに通えなくなってしまったわけだ。そうなるとどうしても、レッスンに通うための敷居が高くなってしまう。通勤することでさえ抵抗があるというのに、わざわざ回数券を消費して電車に乗り、長い長い階段しかない駅で降りてホットヨガのレッスンに通うかというと、そこまでしたくないというのが本音だった。だから、退会したことを後悔してはいない。私が特に意識しないうちに、私が置かれている状況はすっかり変わってしまっていたのだと気付かされたのだった。

※このブログへのコメントは、ガンまる日記掲示板で承ります。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 私のホットヨガの長い長い歴史が幕を閉じました。何となく、更年期のほてりを抱える私には向いていなかったのではないか、という気はしています。素晴らしいインストラクターに恵まれていたとは思いますが、後半はかなり高級サロン化してしまいました。しかも、そうした素晴らしいインストラクターが、様々な支店を行き来している(関東←→関西)状態にあるのは、今のコロナ禍では歓迎されないのではないかという気もしています。ホットヨガの記事は、書き溜めているものがありますので、退会しても、しばらくは書き続けたいと思います。

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

2021.01.17

「みんなのツバメノート」にHOBONICHI Cousinをセットしてみた

新年に思うことの記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 一部の地域で緊急事態宣言が発令されましたね。今回は飲食店などの夜の営業時間が短縮されることが主な目的で、やはり他国に比べるとずいぶん緩い対策であるという気がしています。現実問題として「七割がテレワーク」できるようにはならないですし、理想と現実のギャップを感じます。私も来週の火曜日からまた出勤ですが、正直言って、長時間の通勤は怖いですね。実現できるかどうかは別として、年始に少し考えていたのですが、飲食店を助けるために、国がUber Eatsを支援するというのはどうでしょうか。飲食店の料理を注文する人は、Uber Eatsに料理を運んでもらうことになるわけですが、Uber Eatsの代金は国が負担するのです。実際に店に出掛けて行くよりも、感染が抑えられるのではないでしょうか。また、何らかの形で私たちが医療関係のお手伝いすることができたらいいのではないかとも考えています。既に抗体を持っている人とそうでない人とで、作業の内容を分ける必要はあるかもしれません。具体的な方法はわかりませんが、とにかく今までのやり方を変えて行く必要があると感じています。


 少し前に、「HOBONICHI Cousinを購入したものの、専用のカバーを購入しなかったことが悔やまれる」といった内容の記事を書いた。その後、私はいろいろなサイトでHOBONICHI Cousinに使えそうなカバーを探し回った。もともとオリジナルではない、安物のカバーを購入してはいたのだが、それよりももっといいカバーが世の中には存在していそうな気がして、気に入ったものをいくつか購入したのだ。そんなとき、ふと心を奪われたのが、みんなのツバメノート (TJMOOK)という遊び心たっぷりの、ツバメノート型のマルチケースである。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【新品】みんなのツバメノート
価格:2079円(税込、送料別) (2021/1/16時点)

楽天で購入

 

 

 一目見たとき、「こ、これは!」と思った。このマルチケースは、A5サイズのノートが入る大きさだそうだ。その説明を読んだ途端、私は衝動的にこの商品をポチっと買い物かごに入れて、直ちに注文を完了させた。この商品は一月十五日に発売されたもののようで、私が注文したときには、まだ予約受付の段階だった。そして、その商品が届いたので、はやる気持ちを抑えながら開封し、早速、HOBONICHI Cousinをセットしてみた。

Hobonichi20217

 見たところ、確かにHOBONICHI Cousinと同じA5サイズのノートが入る大きさである。

Hobonichi20218

 ただし、HOBONICHI Cousinを入れてみると、ちょっと角が当たる感じである。HOBONICHI Cousinがまだ新しいうちは使用しないほうがいいかもしれない。

Hobonichi20216

 マルチケースとあって、ペンが入る小物入れも付いている。

Hobonichi20214

 ちなみに、私が最初に購入した安物のカバーは、Wishという格安商品を扱っているサイトで購入した。(次のクーポンコードを入力すれば、最初の購入が¥520オフになるので、よろしければご活用ください: cqddtjsp)SサイズとLサイズがあるが、Sサイズはパスポート用だったので、私はLサイズを購入してHOBONICHI Cousin用に使用している。

Hobonichi20210

 購入したのは、グレーとブラックの二種類である。持ち運び用に取っ手が付いており、外にポケットが付いているのがありがたい。

Hobonichi20211

 裏側にもファスナー付きのポケットがある。

Hobonichi20212

 HOBONICHI Cousinをセットした状態。ここにも小さいポケットがたくさんある。とにかくいろいろなものを入れることができる。

Hobonichi20219

 反対側にもポケットがたくさんある。私は、ロンドンから持ち帰った地下鉄の路線図などを入れている。

Hobonichi202110

 何も入れず、見開き状態で撮影したもの。毎日使う手帳なので、いろいろなものを入れるために、ジッパー付きのマルチカバーが欲しかったのだ。

Hobonichi20215

 ジッパーを閉めてもまだ余裕があるので、HOBONICHI Cousinの角が折れないのは魅力的である。

 このように、みんなのツバメノート (TJMOOK)に一目ぼれして購入したものの、HOBONICHI Cousinとの相性はあまり良くなかった。そればかりか、安物のカバーが最も機能的だということに気付く結果になってしまったのだった。

※このブログへのコメントは、ガンまる日記掲示板で承ります。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 「みんなのツバメノート」は、別の用途で活用することにします。HOBONICHI Cousinには合いませんでしたが、こういう遊び心たっぷりの商品は大好きです。

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

2021.01.03

新年に思うこと

手帳時間の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 新年、明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。m(__)m 新型コロナウイルスの感染拡大が止まりませんね。去年の春に緊急事態宣言が出されたときとは、明らかに人々の意識が異なって来ているのも原因の一つかもしれません。また、地域によって、新型コロナウイルスとの関わり方が異なっていると感じることもあります。私の出身地である愛媛で感染が広がっていると書きましたが、愛媛県知事は、「体調が悪いときには、飲み会などには参加しないように」と県民に呼び掛けています。私はこれを読んだとき、正直言って驚きました。私が住んでいる兵庫県では、体調の良し悪しに関わらず、「飲み会などには参加しないこと」が当たり前になっているからです。住んでいる地域の感染者数によって、対応が異なっているので、緩い対応を行っている地域に住む人が感染者の多い地域に出掛けたりすると、感染しやすいのかもしれませんね。今年は少しでも状況が良くなることを願って止みません。


 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、この年末年始は帰省せずに、自宅で巣ごもりをしている。私は、パソコンとインターネット、そして手帳や筆記用具があれば何時間でも過ごせるので、どこにも出掛けずに自宅で過ごすのはちっとも苦ではない。

 ガンモは例年通り、大晦日の深夜から仕事に出掛け、元旦のお昼前に帰宅した。私は一人、テントで元旦を迎えたわけだが、テントの外がいつもよりも騒がしいことに気が付いた。ルーフバルコニーから下の通りを確認してみると、近所の神社に参拝する人たちが通りを歩いているのが見えた。歩行者だけでなく、自動車もその神社に向かって渋滞するほどの列を作っていた。毎年、この時期には愛媛の実家に帰省して、元旦の仕事を終えたガンモに愛媛の実家まで迎えに来てもらっていたので、これまで気付かなかったようだ。いや、今までもテントの中でお正月を迎えたことはあったかもしれない。ひょっとすると、今年は新型コロナウイルスの終息を願って、神社に参拝する人が多いのかもしれない。

 元旦に帰宅したガンモは、眠いのを我慢しながら、ガンモの出身地である香川県特有のあん入りお雑煮を作ってくれた。白味噌の辛さとあん餅の甘さがマッチしておいしいのだ。初めて食べたときは驚いたが、最近ではガンモと過ごすお正月の楽しみの一つとなっている。

 実家にいる父とは、元旦にLINEで初めてビデオ通話をした。LINEのビデオ通話は、私が一人で帰省しているときにガンモとよく使っていたが、今回、改めて父との通話に使用したとき、普段、仕事で使っているZoom会議よりも画像が粗いと感じてしまった。新型コロナウイルスの影響で、この一年間、一度も帰省しなかった私は、LINEのビデオ通話を通じて、一年前よりも老けてしまった父を確認し、複雑な想いを抱いた。仕事をオンラインで済ませたり、オンライン飲み会に参加するのとは訳が違うと感じた。やはり、オンラインでは実現できない何かが、より近しい人との間には確実に存在すると感じたのだった。

※このブログへのコメントは、ガンまる日記掲示板で承ります。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 新型コロナウイルスとの付き合いは、まだまだ長くなりそうです。諦めずにブロックし続けましょうね。

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

2020.12.27

手帳時間

ホットヨガ(六八二回目)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m またしばらくご無沙汰してしまいました。再び出勤の日々が続き、余裕のない生活を送っていました。明日、出勤したら、ようやく年末年始の休暇に入ります。年明けからはテレワークができるように頑張りたいと思います。それにしても、感染者の数が爆発的に増えていますね。特に東京や大阪が心配ですが、私の出身地である愛媛でも、またじわじわと感染者が増えているようです。昨日、ニュース記事を読んでいて、これからは免疫力をアップすることが、感染を防ぐための手段として重要なのではないかと思いました。夏は太陽の光を浴びれば免疫力アップに繋がるようですが、日差しが弱い冬はどのように対策すればよいのでしょう。規則正しい生活を送ることや、食生活に気を付けることなどでしょうか。あと、ウイルスをブロックするマスクとして一番優れているのは、不織布のマスクのようですね。その次に布マスクが続き、ウイルスをブロックする力が最も弱いとされているのがウレタンマスクのようです。私は、ウレタンマスクだけでは心配なので、その上に布マスクをかぶせて使用しています。とにかく、念には念を入れて、ウイルスを身体の中に入れないようにしたいものですね。


 HOBONICHI COUISNとClipbookなど(いずれもA5サイズ)を購入して、手帳生活を充実させている私だが、一日も早くHOBONICHI COUSINを使いたくてうずうずしている。手帳好きの方なら共感してくださると思うのだが、一月始まりの手帳を購入すると、来年になるのが、とにかく待ち遠しくてたまらない。まだ今年の手帳が残っているというのに、気持ちは来年の手帳に向いてしまっているのだ。

 幸い十二月に入ると、HOBONICHI COUSINマンスリーページに十二月の予定を書き込めるようになった。私は待ってましたとばかりに十二月の予定をHOBONICHI COUSINに記入し始めた。YouTubeでHOBONICHI COUSINをセットアップ(使用するための準備)されている方の動画を拝見すると、皆さん、オリジナルの手帳カバーまでしっかり購入されている。HOBONICHI COUSINは手帳だけで4000円弱、手帳カバーは数千円から二万円前後で売られている。あまりにも手帳カバーが高額なので、私は安物の手帳カバー(HOBONICHIオリジナルではないジッパー付きのもの)を購入したのだが、今になって、「やっぱりオリジナルの手帳カバーを購入しておくべきだった」と後悔している。とは言え、もはやあとの祭りで、いろいろな通販サイトを確認してみたが、売り切れ続出でもはやオリジナルの手帳カバーを入手するのは困難な状況だった。

 ご紹介した動画に登場する手帳カバーは、HOBONICHIのオリジナルではないようだが、何とおよそ四万円もする高価なものだ。手帳好きな人は、手帳カバーにもお金を掛けることを厭わないようだ。ただ、動物の皮が使われているのはやや抵抗があるので、私はこのまま安物の手帳カバーで乗り切ることにしようと思う。

 ところで、YouTubeで手帳好きの方たちが公開されている動画を拝見していると、一年のうちに十一冊も手帳を使用している方がいらっしゃった。手帳好きなら、七冊、八冊は当たり前である。このあたりの気持ちは私にも良くわかる。普段の持ち歩き用の手帳はできるだけコンパクトなものにして、自宅で手帳時間を設けて持ち歩き手帳から書き写す人もいるらしい。または、育児日記や家事、仕事など、用途ごとに手帳を分けている方も多い。

 ちなみに今年は、コロナ禍のために自宅で過ごす時間が多くなったことで、人々が手帳時間を確保できるようになったことが影響してか、システム手帳などの売上が伸びているそうだ。スケジュール管理がデジタルに移行しつつある現代で、人々が手帳を通して自分自身と向き合う手帳時間を持てるのは、今がチャンスなのかもしれない。

※このブログへのコメントは、ガンまる日記掲示板で承ります。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m HOBONICHI COUSINののようなA5サイズという大きめの手帳が売れているのも興味深いですよね。手帳関連の動画は、観ていて飽きません。他の人が手帳をどのように活用しているのか、とても興味があります。

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

2020.12.06

ホットヨガ(六八二回目)

検査着に関する細やかな気遣いの記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 新型コロナウイルスで亡くなる方の数が増えて来たように思います。とは言え、ヨーロッパやアメリカほど深刻な状況ではないのかもしれません。新型コロナウイルスについて、様々な情報が飛び交っていて、私には何が真実なのかよくわかりません。未だに良くわからないのは、いったん治癒してから再度陽性になる方がいらっしゃるというのに、ワクチンが開発されていることです。ワクチンを接種された方が高熱を出したという記事も読みました。世の中に出回るワクチンは、安全で確実なものであって欲しいですよね。それでは、ホットヨガ(六八一回目)の続きをお届けしたいと思います。


 次に受けたのは、下腹解消コースのレッスンである。こちらは、大阪のU店のトップインストラクターが担当してくださったグループレッスンである。レッスンの参加者は十七名ほどだったと思う。通常のレッスン枠から外れたレッスンだったので、日曜日であっても、遅い時間帯に行われたのである。

 私は初めての参加だったのだが、過去にこのシリーズのレッスンに参加された方が数人いらっしゃった。

 レッスンの内容は、スパルタ教育と言ってもいいくらい、とてもきついものだった。グループレッスンなので、脱落者が出ると全員がそのポーズをやり直すことになるという。下腹を引っ込めるためにきついポーズを取っているので、自分のせいで他の人がやり直しになったりしないように、とにかくみんな必死である。

 かなりきついレッスンだったのだが、大阪のU店のトップインストラクターが面白おかしく導いてくださったので、何とかレッスンを終えることができた。もともと四十五分のレッスンの予定だったのだが、気が付いたら一時間十五分経過していた。

 このレッスンのあとは、最近、寝がちだった骨盤が立つようになった。しかし、その翌日から、ふくらはぎの筋肉痛に悩まされることになってしまったのだった。

※このブログへのコメントは、ガンまる日記掲示板で承ります。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m こんなレッスンも受けたなあと懐かしく思い出しています。普段、使わない筋肉を使ったので、レッスンのあとはしばらく筋肉痛に悩まされたのでした。

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

| | トラックバック (0)

2020.12.05

検査着に関する細やかな気遣い

海外ドラマ『Harlots ハーロッツ 快楽の代償 シーズン1~シーズン3』の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m だいぶ冷え込みが厳しくなって来ましたね。新型コロナウイルスの感染者数もなかなか減りません。換気に加え、湿度を高くすることも重要なようです。引き続きしっかりと感染対策をして、大切な人たちを守りたいものですね。さて、私ごとですが、いつも仕事で使っているZoomを使って、初めてオンライン飲み会に参加しました。Zoomの無料版を使用しているため、会話中であっても四十分ごとに自動的に切断されてしまうので、しばらく経ってから繋ぎ直すことになりました。お開きまでに四回ほど繋ぎ直しましたが、繋ぎ直すまでの時間にトイレを済ませたりできるので、なかなか良いと思いました。この時期、お勧めです。(笑)


 コロナ禍の中、先日、健康診断を受けた。これまでの健康診断と圧倒的に違っていたことは、受付前に検温が行われ、手指のアルコール消毒を求められたことと、他の人が使った検査器具(例えば聴力検査のときに使うヘッドフォンなど)をスタッフが毎回アルコール消毒してくれたことだった。もちろん、検査を受けるときも検査待ちの間も、マスクは着用したままである。そのおかげで、安心して検査を受けることができた。

 二年前までは、梅田にあるクリニックで健康診断を受けていたのだが、去年から神戸市にあるクリニックで受診するようになった。健康診断には検査着がつきものだが、梅田のクリニックと神戸市のクリニックで検査着の扱いに大きな違いがあるので、皆さんとシェアしたいと思う。

 梅田のクリニックに通っていた頃、受付で渡される検査着は、私自身の実際の身体のサイズよりも大きなものだった。私は内心、不満を抱えながら、ぶかぶかのズボンを穿いて検査を受けていたものだった。

 一方、神戸市にあるクリニックの受付で渡される検査着は、私自身の実際の身体のサイズよりも少し小さいものだった。しかし、更衣室に入ってみると、棚の上にいろいろなサイズの検査着が置かれてあり、「検査着のサイズが合わないようでしたら、ご自由に取り換えてください」と書かれていた。私は、何と細やかな気遣いだろうと感動した。まさしく、日本人の鏡ではないだろうか。

 精神世界風に言えば、梅田のクリニックでは検査着に関して「決めつけ」が行われていたが、神戸市のクリニックでは、「自由意思」を持たせてくれた。利用する側にとって、どちらが心地よいかは、言うまでもないだろう。

※このブログへのコメントは、ガンまる日記掲示板で承ります。

※皆さん、いつもたくさんの応援クリックをありがとうございます。m(__)m 受付で自分自身の身体のサイズを口に出して言うよりも、あとからこっそり修正できるほうが有り難い気がします。こうした細やかな心遣いは、とてもうれしいものですね。

下記ボタンをクリックしてくださいますと、一日に一回、ランキングのポイントに加算されます。もしも毎日のように「ガンまる日記」を読んでくださっているならば、記事に共感したとき、あるいは応援してもいいと思ったとき、ポチッと押してくださると、大変うれしく思います。
↓↓↓↓↓↓

哲学・思想[人気blogランキング]に

|

«海外ドラマ『Harlots ハーロッツ 快楽の代償 シーズン1~シーズン3』